2017年5月28日 (日)

楽しさ強調の事前番組(その1)

 QUIZJAPANの全部の号の全部の記事を読んでいる人はクイズ界でもほとんどいないのではないかと思いますが、私はここで伝えるためにすべて読んでいます。さて、最新号でFNSクイズ王の元プロデューサーが、番組をやめた理由として、予算が減って全国同時予選ができなくなったからと言っていました。番組の最初の何分かに、全国からこれだけ集まって予選を受けているという映像が入れられないと意味がないというのです。翻って今の高校生クイズがどうなってしまったかを考えると深いものがあります。

 さて、事前番組が放送されました。「突然ですが問題。高校生クイズ全国一斉大会が開催される日は?」「勝ち上がった高校生が行ける場所は?」「高校生たちの暑い夏を応援する今年の番組サポーターは?」。そして昨年の映像と安村アナのナレーションです。

 史上初、2年連続で番組サポーターが乃木坂46であることが発表されます。なんかもう考えるのが面倒くさくなったのだろうかと思ってしまいます。いろいろあおりの映像があって番組タイトルが出ます。そして歴代の司会者の映像です。この後、細かい映像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

昔のYES-NO講座

 本日の「たまむすび」のメールのテーマは「なくなってショック」でした。そしたらまた来ました。「なくなってショックだったのはアメリカ横断ウルトラクイズ」。浪人して大学に合格した年に廃止が発表されたそうです。すると玉袋筋太郎が、今CSでウルトラクイズを再放送していると言いました。そんなの知ってるのか。

 さて、昔の書き込みから、YES-NOクイズについてこんな解説をしていました。

――――(ここから当時の引用)――――

満1歳を迎えた人気のJリーグ。地元チーム・名古屋グラパスエイト、清水エスパルス、ジュビロ磐田の選手124人の中で一番多いのは、夏場に強い7月生まれである。

 今年の中部大会の第1問です。これについては以前の記事で、もってまわったような言い方で触れたこともあり、また、事前番組でも、いかにもパターンと異なる問題という感じで採り上げられていましたので、きちんと解説しておきたいと思います。

 この問題文にある「夏場に強い」は、いわゆる「余計な修飾語」ではありません。そのことを長々と説明していきます。

 高校生クイズにおいて、「Aの中で一番BなのはCである」というタイプの問題が出た場合、基本的には正解はYESです。この問題でYESを選ぶ場合、Cという可能性1つに賭けるのに対して、NOを選ぶ場合はC以外のすべてのAの要素に賭けるわけですから、当然NOの方があり得そうな気がします。だから出題側は、正解をYESにしておくのです。

 言い換えると、このタイプの問題で正解をNOにするときには、何らかの理由があるということになります。その理由を列挙していきます。
1 普通の人が、Aで一番なのはCだろうと常識的に思うような場合。
 例:日本の銀行の中で、最も資本金が多いのは、日本銀行である。
 「余計な修飾語」がつくのはこのパターン。というか、「余計な修飾語」をつけて このパターンに持ち込む。
2 正解をYESにしようとすると、Cの部分に極めてマイナーなものがきてしまう  場合。
 例:パスポートを日本で一番初めにとった人は、あの伊藤博文である。
 実際は江戸で浪五郎、神奈川で房吉という人が同時にとったらしい。この事実で、正解がYESの問題文にするのは不可能である。この問題は、一番が1つではないという理由でもYESにできないわけで、「YESにしようとすると問題文が成立しない」という仲間としてひとくくりにできる。今年の全国大会の一回戦のYES-NOの一問目はまさにこのパターン。
3 正解をNOにした方が、問題文がおもしろくなる場合。
 例:「長崎は今日も雨だった」という歌がありますが、1時間あたりの降水量、日本一の記録は、やはり長崎にある。
 このパターンには、先に問題文を思いついてから正解を調べたというケースが多いだろう。「日本で一番たくさんとれるお米の銘柄はササニシキである」という問題が仙台市で出題されるのも、この仲間だと言える。また、「…で一番…」というタイプ以外にもこのパターンは応用できる。今年の全国大会の決勝の「ドナルドダックはトリ年生まれである」というのはその典型(なお「ミッキーマウスはネズミ年生まれである」というのは第1回ですでに出ている)。

 こういった理由がどれも当てはまらなければ、YESを選ばざるを得ません。例えば「昨年(1990年)、近畿ブロック2府4県で最も多くとれた野菜はタマネギである」という問題。なぜ「タマネギ」なのでしょうか。まさか参加者が「大阪の泉南の方にはタマネギ畑が広がっているからきっとそうだろうな」などという知識を持っているとは思えません。

 最初の問題に戻ります。12の月のうち、なぜ「7月」なのかがわかりません。予選当日が7月だからか? そんな理由では弱すぎます。例えばもしJリーグに「ジュライーズ」というチームがあって、そのチームのメンバーで最も多いのは7月生まれであるという問題が出れば、これは3のパターンでNOだと考えられるでしょう。しかし冒頭の問題では、1月から12月まではすべて中立であって、7月を選ぶ必然性がありません。だからこの問題はYESです。

 では「夏場に強い」は何のためについているのか? このフレーズがついているから参加者が「確かにそうだから7月だろうな」と思うとは考えられません。この修飾語にはまったく説得力がないのです。つまり、これは、YESに行かせようという「余計な修飾語」ではありません。このフレーズは「問題文を成立させるため」についています。「Jリーグの3チームの中で最も多いのは7月生まれである」だけでは、余りにもヤマカンだけの問題という感じがしてよくない(「…野菜はタマネギである」といった問題に比べて、「月」の場合は「7月」と他の要素が全く等価なので)。だから「7月を選んだのには一応理由があるんだよ」ということでついているのです(もし8月が最も多ければ、「夏場に強い8月生まれである」としていたことでしょう)。

 このようなタイプの修飾語がついている問題としては例えば昨年の関東の「日本の人口を十二支で分けると、最も少ないのは、今年の干支と同じ酉年である」というのがあります(「今年の干支と同じ」というフレーズは、本に載るにあたって削除されている)。

――――(ここまで)――――

 今の高クイでは〇×クイズのことをこんなに分析しても意味がない気がします。現在の予選方式は、かつてのYES-NOクイズ1問で落ちる時代よりもよほど運だけのゲームになっています(これまでに実績を作った有名進学校のみ、確実に全国大会に出られる枠がある)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

適当に過去の番組

 アニメのナナマルサンバツの初回を先行上映するイベントのチケット購入抽選が当たったのですが、そのメールのタイトルが「抽選結果のお知らせ」です。タイトルがこのパターンだと、就職試験なら開かなくても不合格とわかるので(合格ならほぼ100%、「面接日程の案内」みたいになってる。私の過去の経験では、タイトルが「お知らせ」で合格だったことは1回しかない)。外れたと思って開かない危険性があります。

 それでは、過去のパソコン通信の文章のファイルから適当に開いたところで出てきた書き込みを載せます。

――――(ここから当時の引用)――――

>>『クイズターンオーバー』ってどうゆう番組だったのでしょう?

>>それと私が高校生の時『ファイト! 立命館vs一橋クイズ研対決』
>>を見ていたら解答者がアメフトの防具を付けてクイズをやったような番組の映像
>>が流れていましたが、これって何という番組でどんな形式だったんでしょう?

 それが「クイズターンオーバー」です。NHKで2回だけ制作されました。司会は小林克也と向井亜紀です。小林克也が「Turn over!」と叫ぶのが、パーフェクTVのCMの「reasonable!」と同じ笑いを誘います。

 見ての通り、アメフトのルールを取り入れたクイズです。2チームの団体戦で、「ランクイズ」「パスクイズ」「キッククイズ」という3種類のクイズに答えてヤード数を進めていくものです。ランクイズは映像クイズで、早く答えるほどヤード数が稼げるというものだったと思います。正解できないと相手に攻撃権が移ります。パスクイズは◯×で、正解する限り5ヤードずつ進めますが、不正解だと相手に攻撃が移るというものです。キッククイズは3人ずつぐらいでの早押しで、4回阻止されるまでに一定のヤード数進めればまた攻撃できるというわけです。攻撃側のチームが、3つのクイズのうちどれをやるか選びます。攻撃権を保持している限り、ゴールに近づいていくことができますが、攻撃が相手チームに移ると小林克也が「Turn over!」と叫ぶのです。勝敗の決め方は、実際のアメフトと同じです。

>>『あっちこっちマッチ』

 これは「霊感ヤマカン第六感」「ABOBAゲーム」「クイズなんでも一番館」と続いた、朝日放送の水曜夜の大阪ガス提供のクイズ番組が、ついにローカルになってしまったときにつくられた番組です(この枠でテレビ朝日は「クイズその時どうした」や「クイズ1、2の三枝」をローカルでやっていましたね)。司会は渡辺徹と佐野量子でした。一言で言えば神経衰弱です。朝日放送が大阪駅ビルに持っている「エキスタ」というスタジオには、4×4のマルチビジョンが配置されています。これを使って3チームで神経衰弱をやるのです。ただし、同じものが2枚隠れているというのではなく、関連のあるもの同士を結びつけるようになっています。ここがうまいところで、これで新しい風俗や変わった商品の紹介に結びつけることができます。したがって情報番組としてもよくできていました。全国ネットでなかったのがもったいないと思っていました。番組の前半と後半で16枚の神経衰弱を2回やって終わりだったと思います。

――――(ここまで)――――

 「あっちこっちマッチ」は、同じものをそろえる神経衰弱ではなく、あるものとそれに関する情報がペアになっているのです。開いたときにそれを紹介できるわけです。これは今でもテレビ番組で使えそうなやり方です。

 当時はまだ、パーフェクTVが合併してなかったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

日本人の質問(その82)

 「日本人のおなまえっ!」が予想外におもしろい。民放がよく特番でやるネタを毎週放送して大丈夫かと思ったのですが、さすがの取材力です。回を追うごとに次回予告に力が入ってきて、今や1カ月先の放送予定まで映像で出るのは、これは数字を上げられると見込んでいるのでしょうか。そして早速、来週月曜日にTBSで「マイネームSHOW」という番組がありますね。

 それでは、この前の古館のNHKレギュラーだった「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

生クリームとチョコレートを混ぜ合わせたケーキ、ガナッシュの語源は?
南西フランスの方言で、ぬかるみなどを苦労して歩くという意味のガナッシェからきた。生クリームを沸騰させ、火からおろしたあと、刻んだチョコレートを混ぜて溶かす。その様子が、ねちゃねちゃしているので、ぬかるみにたとえられた。
チョコの原料のカカオ豆に含まれている、ありがたい成分とは?
カカオマス・ポリフェノールに、虫歯を防ぐ効果がある。ミュータンス菌は糖分から歯垢をつくって歯をむしばむが、カカオマスポリフェノールにはミュータンス菌の活動を抑える働きがある。
砂糖が少ないのに甘さを感じやすいお菓子とはどういうもの?
人間の味覚は、柔らかいお菓子の方が甘みを感じやすい。柔らかいお菓子は糖分が唾液に混じって味蕾にすぐ入る。硬いと糖分が味蕾に入り込む大きさになるのに時間がかかる。例えばようかんには40~60%の砂糖が含まれるが水ようかんだと25~40%の砂糖しか含んでいない。
桜もちの葉は、どうやって大量に調達している?
伊豆半島に桜畑がある。大島桜という背の低い品種で、葉の色と香りは一級品。5月を過ぎると葉をつみとって、樽の中で半年以上、塩漬けにする。翌年の桜もちのシーズンに選別して出荷する。
薬を飲むときに注意した方がいいデザートは?
一部の、血圧を下げる薬は、体の中でグレープフルーツと混ざり合うと、血圧が下がりすぎるなどの副作用がある。グレープフルーツに含まれる成分が薬の効果を強めてしまうため。
1日5分でできる、足のむくみ解消法とは?
血行をよくするために、ドライヤーを足の裏にあてる。まず弱めの温風を30秒。足から10センチほど離す。続いて冷たい風に切り替えて30秒。これを交互に5分ずつ続ける。
ゆで卵をつくるとき、なぜ塩を入れる?
割れたとき、沸騰したお湯の中だと白身が飛び散る。しかし塩があると、白身がすぐに固まって飛び散らない。塩にはタンパク質を素早く固める働きがある。
引っ越しで荷物が入ったあと、すぐにやらずに放っておいた方がいいこととは何?
冷蔵庫の電源を入れない。冷蔵庫は冷媒が循環しながら内部を冷やし、そのためにコンプレッサーには潤滑油が入っているが、輸送のために冷蔵庫を大きく傾けると、冷媒が安定しないだけでなく、潤滑油が流れ出しコンプレッサーが焼き付く恐れがある。そのため、もとの状態に戻るまで、10分ほど時間をおく。
台所などの立ち仕事のときに腰痛を簡単に予防する方法は?
腰にかかる緊張をゆるめるために、15~20センチの高さの台に片足を乗せると、腰のそりが減って上半身が緩やかな前傾姿勢になり腰への負担が減る。疲れたら足を乗せ替えるなどして、同じ姿勢にならないようにする。

――――(ここまで)――――

 ポリフェノールで虫歯とか、グレープフルーツで薬とかは、今は情報番組でさんざん取り上げられていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

味園夜会3(その25)

 ブラウザのバナー広告で今日から、ファミリー劇場でのウルトラクイズ再放送のものがやたら出るようになりました。

 それでは味園夜会です。抽選コーナーと言っても実際は抽選ではありません。先週末にあるイベントに行って、最後に賞品がもらえるクイズ大会があると言っていましたが、予想通り、会場の子どもに手を上げさせるだけのもので我々には関係なかったのを思い出しました。

 22時半になってようやく終わる態勢になりました。「次は西成?」といった声が上がります。私は連休で実家に帰るため、夜行バスを予約していましたが、念のためにできるだけ遅い便ということで、東京を0時を回ってから出る便を予約していました。それでもギリギリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

味園夜会3(その24)

 今年の高校生クイズの地区大会のライブは、東京と大阪の2カ所に分かれてやるそうですね。昨年の反省を生かしたのか。

 それでは味園夜会です。求める追加ジャンルで「実践」。実際にやって答えるというものです。「さっきの(クイズコーナーで出題された擬音の)『くばぁ』みたいな」。そして「奇形奇病」という意見が出ます。そういえば「バリバラ」のスタッフは味園にもよく来るそうです。

 続いて「スペシャル抽選コーナー」。この店のシステムで、舞台上の人のために注文してその金を払うことができるのですが、それぞれの出演者におごった人の中からその出演者が直感で当選者を選びます。この後、電波。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

味園夜会3(その23)

 先日「深イイ話」で、東大女子は幸せなのかというので東大卒女子アナに密着取材していました。宣伝では誰とは一切言っていませんでしたが中京テレビの人でした。今夜の深イイ話でまた、東大卒女子アナを取り上げるようです。電子番組表の内容から推測すると、読売テレビの人ではないかと思います。東大は数字をとれるから、番組が必死で東大の女を探しているように見えます。そもそも最近、局アナの採用で、90年ごろにバイリンガルをやたら採ったように東大卒が東京以外の局に入るのが急に増えた気がします。

 それでは味園夜会です。中学受験でAVの人の母校を受けるが勉強法をという質問があります。クイズ王にあこがれて一橋大を目指して四谷大塚に通っていたそうです。ヒモの女性をどういう基準で選ぶのかというのには、尻か胸ということで、過去のBAZOOKA!!!の収録に連れてきていたそうです。

 地下クイズ王にどんなジャンルを追加してほしいかという質問で、封印作品、B級ニュース、未解決事件といった意見が出ます。この後、実践。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

味園夜会3(その22)

 今週やっていた「グサッとアカデミア」で、双子で両方東大理3に入った家庭の教育法をやっていましたが、林修が東大に合格する方法として、今放送していたことを真似するなと言っていました。一人一人状況が違うのに、こういう情報に踊らされてはいけないということです。さすがそれは正しいと思います。林ぐらいの立場になるとテレビの文法に従わないことが言えるともいえます。

 それでは味園夜会です。昔、阿佐ケ谷ロフトで吉田豪や町山智浩や水道橋博士や津田大介が出るイベントに行ったら、最後の1時間が下ネタワードを連呼するだけで情報量ゼロだったのを思い出しました。とりあえず箇条書きにしていくと、AV男優は伝説っぽい方がいいから最近イベントをやらないようにしている、神保町の三省堂書店で能町と婚約者が同じ棚に、セクシーな力士は幕下上位のやせてるのがいい、セミ料理の注意点はチリソースでからめてセミチリにしてもいい、実話ナックルズには8人以上殺した人一覧とかが出ていて、アマゾンで1円で売ってるのを買う。この後、四谷大塚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

味園夜会3(その21)

 こういうツイートがリツイートされてきました。

――――(ここから)――――

動物の習性図鑑‏ @dobutsu_syu
【ホッキョクグマは鼻を隠す】
ホッキョクグマは一面真っ白な北極では
真っ黒な鼻が目立ってしまうので
『隠しとかなきゃ!』と
両手で鼻を隠します。
これは狩りの最中に
よく見られる行動だそうです。

――――(ここまで)――――

 実際の写真もついていますが、ウルトラクイズではこの問題は×ではなかったっけ。

 それでは味園夜会です。西条八十の、声に出して読むと死ぬという詩の問題で、前フリとしてその詩を読むので、味園の人がこれで死んじゃうのと言われます。

 22時を回りますが、まだ終わる気配がありません。地下クイズで捨てているジャンルはという質問です。能町「オカルトがおもしろくないので」。一方、芸能ゴシップという人もいます。「坂口杏里の母親が誰かも知らなかった」。
 酒が回ってきて、だんだん話に内容がなくなって、ここに書くほどでもなくなります。この手のイベントの通例です。この後、セミチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

味園夜会3(その20)

 この前、東大の生協の頭脳パンについて書きましたが、今まで意識していなかったのを改めて観察したところ、どうやら週の初めに入荷してるっぽい。で、週末に行くとほとんどないのですが、月曜日だとケンミンSHOWで地元の食材がスーパーにこれだけあると映すときぐらい並んでいます。東大生ってそんなに頭脳パンを食べるのか?

 それでは味園夜会です。金正男のディズニーランドの問題が出ますが、これは30点ではなく10点ではないかという声が上がります。答えが豊丸という問題で、舞台上が答えられなかったのですが観客が「ゆたかまる」と言います。ここで、AV女優に関する情報でどうやってパラレル問題を思いつけるのかという質問が出ます。一人一人経歴を調べて、メジャーだけど難しい情報を選んでいくそうです。

 坂口杏里の問題で、読み方を判断してオールブラックを当てます。これがこのクイズの醍醐味です。この後、これで死ぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«味園夜会3(その19)